いちご鼻の治し方

いちご鼻の治し方

いちご鼻は、治し方を間違えてしまうと、途端に悪化するおそれがあります。大切なことは、いちご鼻を正しい方法でケアをすることです。
いちご鼻を治す時に大切なことは、洗顔とクレンジングをしっかりとおこなうことです。なぜなら、いちご鼻の原因というのは、そのほとんどが皮脂の汚れやメイク残しが毛穴に詰まって起こることです。いちご鼻を治すには、まずは毛穴の中の汚れを綺麗に洗い落とすことが必要です。
この時に、間違えてしまうのが汚れを落とそうとして、ゴシゴシと力強く洗ってしまうことです。力を入れて洗うことは、毛穴も痛めますし、肌全体に負担がかかってしまいます。コツとしては、力を入れずに肌の表面を指先で円を描くように洗うことです。そうすることで、毛穴の中の汚れが綺麗に取れるようになりますし、肌に負担をかけることもありません。
それでも、なかなか毛穴の中の汚れが取れないという時もあります。そんな時には、お湯で肌をふやかしておくと、毛穴の中の汚れが取れやすくなります。自然といちご鼻が治っていきます。
そして、大切なのは洗顔後です。洗顔をしても、毛穴は開いたままです。洗顔をした後は、収斂効果がある化粧水を選ぶようにしましょう。収斂効果がある化粧水をつけることによって、開いた毛穴を引き締める効果があるので、綺麗な肌に戻すことができます。収斂化粧水をつける時のコツは、手でつけるよりもコットンなどに化粧水を染み込ませて使うことです。
そして、いちご鼻というのはその時に綺麗になっても、再びいちご鼻になることがあります。いちご鼻を治す時には、外側ばかりを意識しますが、内側に注目することも大切です。
ビタミンやミネラルが豊富な食事をとったり、水分をこまめに補給することも大切ですし、睡眠をたっぷりとることも忘れてはなりません。
体の内側をケアすることによって、肌を効果的にターンオーバーさせて、新しい肌が再生されます。
また、適度に運動をして汗をかくことも大切です。汗をかくことによって、肌の代謝も良くしますし、肌の潤いも守ることができます。
いちご鼻というのは、古い角質が溜まったことで起きることです。つまり、何度でも繰り返し起こる可能性があるのです。日頃から、栄養バランスのとれた食事を心がけて、日頃から水分補給を適度にとるようにしましょう。また、入浴後に化粧水や乳液をつけた後には、収斂化粧水で肌を引き締めることが大切です。

このページの先頭へ戻る